パソコンを無料で廃棄する裏ワザ

パーツ単位でばらしてパソコン廃棄すれば無料になる

パソコンを処分する時は売ったりする以外にパソコン廃棄と言う手段があります。一般的にパソコン廃棄で業者さんに御願いをするとリサイクル料金を徴収されていしまう場合がありますが、パソコン本体になっている場合に限って適応されます。

 

リサイクル法適応後からのメーカー品の場合は最初から料金が含まれているので発生する事はありませんが、自作パソコンの場合はそれがないので廃棄する時はお金が必要です。もちろんリサイクル法が適応されてない頃のメーカーのパソコンでも同じ様にお金が必要です。

 

しかし通常の粗大ゴミと一緒に捨てる方法があります。パソコンと言う形になってなければ問題ありません

 

パソコン本体は自作パソコンに限らずメーカー製のノートPCやデスクトップPC、一体型PCも工具があれば簡単に分解する事ができます。外装や基盤やCPUやメモリ、ハードディスクと言ったパーツ単位に綺麗に分ける事でパソコン本体としての機能がなくなります。

 

パソコンパーツを処分する時は通常の粗大ゴミでも問題がありません。その為にパソコン本体ではお金がかかってしまっても、パーツ単位で個別に廃棄する事でリサイクル費用が発生しなくなります。

 

通常パソコン廃棄の場合はセキュリティーを守る為に物理的にデータを記録してあったハードディスクは破壊するのが有効で、普段から破壊されたハードディスクは捨てられています。

 

それに便乗して基盤も捨てられている事もあるので、現状はばらして捨てる手段はとても有効です。
参考⇒パソコン廃棄無料.com