0円 パソコン メンテナンス

パソコンにとっての転ばぬ先の杖

今や生活必需品、もはや家電というカテゴリに入れても良いとすら思えるパソコンですが、精密機械であるためある日突然壊れることがあります。

 

その原因としては、メモリの破損、熱によるCPUの故障、過電圧や静電気によるマザーボードの破損、電源の経年劣化、断線、ショート、等々色々と考えられますが、一番可能性として高いのはハードディスクの寿命です。

 

カツンカツンやギーギーといった異音を放って寿命が近いことを教えてくれるのならまだバックアップを取れる可能性もありますが、何の前触れもなく急にうんともすんとも言わなくなることもあります。

 

壊れてしまったら基本的には自力でどうにもなりません。
業者に頼んでなんとかデータを復元してもらうという方法はありますが、結構な費用がかかってしまいます。しかもハードディスクの中に他人に見られたくないものが入っていたりしたら頼むことすら憚られます。

 

それならば、最初から準備しておくべきです。
具体的にどうするかというと、"RAID"の技術を使います。

 

これは昔から使われているものなのですが、中でも"RAID1"と呼ばれるものは、同じ容量のハードディスクを2つ用意して常にバックアップを取りながら使用するというものです。

 

こんなことをすると2倍のコストが掛かってしまうから嫌だと思う方もおられるかと思いますが、安心感は段違いです。データを失いたくない方には是非おすすめします。BTOPCを組んでくれる通販サイトだと、RAID構成での組み立てをサービスとして提供しているところもあるので、そういったお店を探してみるのも良いかもしれません。